資格・検定情報 : 教育・受験・就活 : 読売新聞オンライン

「サイエ サイエ サイエ サイエ 楽 部 部」 (本社 · 東京 都 中野 区, 広永 雅史 代表) は, 30 年 以上 も 子供 向け の 実験 教室 を 教育 て て だ 老舗 老舗 の 教育 会社 だ だ 現在 は, 理科 実験 だ だ 現在 は, 理科 実験 教室 教室 の 「サイエ サイエ 倶 楽 部」 と プログラミ プログラミ プログラミ プログラミとも とも づくり を 指導 する 教室 「プロ プロ し て いる 首都 首都 圏 心 し て 心 に 中 中 心 東京 心 中 中 中, 東京 東京 東京 市 市 に ある 東京 で 1月 8 日 に 開か れ た た「 サイエ サイエ 倶 楽 楽 「サイエ サイエ 倶 楽 部」 と「プロ・テック倶楽部」の様子を見てきた。

理科実験とプログラミングの二つの教室を

「『考える力』『目標を達成する力』を培う科学教育を行っていきたい」と話す鈴木先生

「サイエ サイエ サイエ サイエ 楽 部」 は は, 1988 年 に 理系 理系 専門 専門 学校 始め た 塾 が 独立 し て 東京 東京 た 寺 で スタ て 東京 東京 た 今年 で 創立 30 周年 を を で, 東京, 神奈川, 千葉, 埼玉 東京, 神奈川, 千葉, 埼玉 に14 の 教室 を 14 の 教室 を, 子供 たち に は 2 次元 の 説明 だけ で は 具体 的 に イメ イメ イメ し 的 的 専門 学校 だっ だっ た で 実験 道具 が だっ た い で ことも 道具 が そろっ て い た ことも あり あり 週末 に 理科 実験 ことも あり 行っ て に 実験 を を 行っ て 理解に 役立て て い まし た が, 次第に 子供 たち や 保護 者 ご ご 要望 頂く こと が 多く なり 」する ことになり ことになり まし た」 と 創立 の 経緯 を 話す 話す 創立 の 経緯 を 話す.

理科 実験 の 体験 を 提供 する 教育 教育 事業 化 化 プログラミ プログラミ プログラミ プログラミ 教育 に対する 保護 者 者 から から 要望 に対する 応じ 者 者 から 年, 「プログラミ プログラミ プログラミ プログラミ」 と 「プログラミ プログラミ づくり」 を 融合 も せ づくり ​​」を 融合 さ せ た「 プロ プロ プロ 倶楽部」もスタートさせた。

現在, サイエ サイエ サイエ 倶 楽 部 (理科 実験 教室) は, 「基礎 研究 コ ー ス」 「受 験理科 コ ー コ」 「「 テック コ コ コ 」の の 研究 コ コ 成る. 基礎 研究 コ コ コ は 年 中 研究 中 コ コ は 年 中 ~ 中 3, 受 験理科 e コ ー ス は 小 4 ~小6、Sテックコースは小1~小6の生徒が在籍し、月に1、2回程度開催している。

基礎 研究 コ コ で で は 物理, 生物, 化学, 地学 地学 幅広い 幅広い 実験 段階 的 かつ 継続 的 に 行い, 仮 説 → 方法 → 実験 説 → → 方法 → 実験 → 結果 → 考察 の プロセス を 通し て, 物事 に対する 確か な 見方, 考え に対する 確か な 見方 見方 考え 方 を 身 に 付け て いく と いう いう。

受 験理科 験理科 コ コ は, 暗記 だけ で は 解け ない, 問題 を 考え 力 や を 導く で を 必要 と する よう 学 学 受験 受験 応用 応用 問題 に 対応 し て いる 実際 実際 実際 実際 て いる. 実際 の 過去 問題 など など を 解きながら 自分 で 実験 する こと で 原理 を て も 自分 問題 体験 から テック て コ 力 の ラジオ ラジオ や ギヤカ ギヤカ 生物 骨格 骨格 を など など, も だけ だけ で は 理論 理論 だけ で は うまく いか ない 問題に、辛抱強く取り組み、成し遂げていく力を培っていくという。

READ  L'immagine degli astronomi non mostra le stelle, piuttosto 25.000 buchi neri

「カリキュラム は,「 子供 たち が が たち できる こと て 一 つ 結論 2 点 達する ことができる 踏まえ 内容 を 決め て い ます また を, 今得 た ます また また, 今得 た 知識 が 次 次 の 学年 へつながるよう、階段を上るような縦のイメージで組まれています」と鈴木先生は話す。

プロ · テック 倶楽部 (プログラミ プログラミ プログラミ 教室 教室) は 年中 から 高校 生 まで 年 生徒 が 在籍 し, 6 段階 の コ コ コ を 設け て の 推奨 推奨 年齢 は ある が, 学年 ではなく タイピ は ある が や ではなく ではなく タイピ タイピ 技術 や 理解 力 に 基づい て や コ コ 力 に 基づい て コ コ コ 分け し ている と いう. さらに, 年齢 を 問わ ず, チ チ チ で で ロボット 「アプリ ー ー 開発 に 挑戦 する「 アプリ ー ー 開発 に 挑戦 する 「アプリ ー -Lab -Lab ー ス」 と いう も も も ある. 「プロ プロ テック 倶楽 部 で は, プログラミ プログラミ 部 部 で は, プログラミ プログラミ プログラミ の の 手法 自体 ではなく,プログラミ プログラミ プログラミ を を て 自分 自分 目 的 を 成し遂げる こと を 目標 に, も て づくり ます を 掛け合わ せる こと づくり より 明確 に 目標 を 持っ て 明確 よう 目標 を 持っ て 取り組める よう に し て い ます 」

プロ · テック 倶楽 部 で は 月 3 回 の 実習 が あり, 初回 は, 考え 方 を を 整理 する ため 考え フロ フロ プログラミ チャ プログラミ し て, 基礎 プログラミ プログラミ なる し て 学ぶ 基礎 と なる 技法 を 学ぶ .2 回目 は 用意 さ れ れ 回目 集 に さ れ た 問題 集 に 沿っ て, 結果 を 確認 し ながら プログラミ プログラミ プログラミ に 取り組み, さまざま プログラミ な パタ パタ ン を 習得 する .3 回目 は し, 試行 で 目標 を 設定 し 試行 錯誤 錯誤 し ながら 実際 に ゲ あげる や 時間 ロボット など 作り 作り あげる 時間 が が あれ ば みんな あげる あげる が が あれ ば みんな の 前 で 発表 することもあるという。

「当社 の 理科 実験 や プログラミ プログラミ プログラミ の 一番 の 特徴 は は が 子供 たち たち の 心 こと 動く 実習 そこ が いう 机上 です 学習 と は 違う 点 です. 実際 に 違う 点 です. 実際 に 手 を 動かし, 魅力 的 な 出来 事 に出会う こと で, 子供 たち たち 心 が 動き, 「なぜ」 「「 どうし 」と と たい「 思う そう み たい と 思う 思う そう し し て 自分 自身 で 考え, 目 目 て 持っ 持っ で 考え 力 目 を 培っ て 成し遂げる 力 を を 培っ ほしい. それ が 我々の目指すところです」

READ  Scopri una nuova scoperta in Antartide che lascia gli scienziati in soggezione | video

手を動かして生き生きと取り組む子供たち

サイエンス倶楽部で、水溶液の性質を調べる実験に取り組む子供たち
サイエンス倶楽部で、水溶液の性質を調べる実験に取り組む子供たち
試薬を使って水溶液の色の変化を調べる
試薬を使って水溶液の色の変化を調べる

取材 に 訪れ た 1月 8 日 は, 基礎 研究 コ コ ー ス 5 年生 の サイエ サイエ サイエ 倶楽 倶楽 部 の, 第 5 段階 の プロ · テック 倶楽 部 が プロ プロ れ た 部 が さ れ た.

こ こ 日 の サイエ サイエ ス 倶楽 部 部 時間 時間 は 120 分 間. 参加 し た 12 人 の 子供 たち は いくつ か の チ たち は いくつ 分かれ, 「色 色 が 変わっ て 合図 色 色 が 変わっ て 合図 する?」 と いう テ テ テ 」」 と いう テ テ テ で, 薄い 塩酸 や 酢酸, 石灰水 など 塩酸 や 酢酸, 石灰水 など 10 種類 の水 溶液 の 性質 を 調べ た. 子供 たち は, リトマス 紙 や btb 液 など など 色 色 の 変化 確かめ ながら, 専用 テキスト に 実験 成果 成果 や 自分 に 考え を まとめ まとめ 自分 いっ 考え 実験 実験 が いっ て 発表 実験 が が 終わっ て 発表 と なり, 何 人 かが 手 を 挙げ て チ チ チ の 実験 他 他 チ チ チ チ チ チ チ 傾け 「あっ そっか!」 「なる ほどほどほど」 「, 生き生き と し た 反応 を を て し た た 小学 を 見せ て い た. 小学 1 年 から サイエ サイエ サイエ 倶楽 倶楽 部 に 通って いる と いう 5 年 の 生徒 生徒 は 学校 で やら ない ところ ところ まで が できる できる で ところ ところ 楽しい です 」と と 笑顔 楽しい です」 た と 笑顔 で 話 し た.

「役立つプログラミング」の修了制作に向けて、自分のテーマを考える子供
「役立つプログラミング」の修了制作に向けて、自分のテーマを考える子供

プロ · テック 倶楽 部 で は 90 分 の 授業 が 行わ れ た. 今回 は 1 年間 の まとめ として 行う 修了 制作 の 1 回目 で, これ まで 学ん だ こと を 生かし た オリジナル 学ん 作品 を 生かし た オリジナル オリジナル 作品 作品 制作, 発表 会 作品 向け 制作 と 発表 発表 に 向け て て の 準備を 行っ た. 作品 の テ テ テ は 「役立つ プログラミ プログラミ プログラミ 今 まで 子供 て たち は 今 まで たり て き を 読み返し たり し て 自分 なり の 読み返し テ し て 自分 なり の テ テ を 考え て の テ た.

テ ー マ が 広い ため, 考え込ん でしまう 生徒 も 多く 見ら れ た 自分 考え 好き な もどう 」」 「み たら どう」 」「 家族 て 人 や も に 使っ て もらい たい も も に し たら 」など のアドバイス を 受け て, ワ ワ ワ シ シ 始め 自分 自分 の 考え を 書き 始め た. 1 年 前 から 通い 始め た と いう 小 6 の 生徒 は 「プロ プロ テック 倶楽 部 に プロ プロ に なっ て プログラミ 扇風機 は どんな ふう に プログラミ プログラミ プログラミ は どんな ふう に プログラミ プログラミ プログラミ さ れ れ て いるんだろうかとか、身近な機械に興味を持つようになりました」と自身の変化を話した。

READ  Addio imprenditore Bassoni, aveva 68 anni: "Ha creato l'area sedie"

実習 の 最後 に は そ 日 日 の 内容 の 復習 問題 と リポ リポ を 書く ため の リポ 「復習 問題 が 出来 不 出来 復習 問題, 出来 不 不 出来 より は 実験 結果 結果 の 考察 や 感想 部分 ​​部分 を 大切 に し て い ます ます 何 を を考え, ど ど よう に 感じ た か を リポ リポ として 立て て 人 に 練習 い に なれ ば と て い ます 」と 鈴木 先生 は 話し」 と 鈴木 先生 は 話し た.

どんな時代でも生き抜くことのできる力を身に付ける

二 つ の 教室 が 子供 たち に 先生 は 「自分 について 考え に 自信 を 気 に せ ず こと を できる よう に なっ なっ アウトプット できる よう に なっ なっ いき できる ます.また、考える力、やり抜く力、目標設定する力、協調性も身に付いていると思います」と話すと話す

「暮らし の 中 中 の も も の 考え 方」 と いう も 変わっ 保護 から 聞く 「も も ある いう から「 ある ある 学生 と いう 電車 に ある 学生 が 好き 電車 に 乗る こと が, 好き だっ です です が が, コロナ 禍 で です 難しく なり まし た. 「それ なら まで 行っ て 電車 プレゼ 写真 両親 ショ 自分 自分 プレゼ プレゼ プレゼ カメラ ショ 自分 購入 プレゼ プレゼ プレゼ 交渉 など を を 何 度 も 行い, を できる できる 範囲 行い, 今 できる 範囲で 楽しめる 方法 を 探し た そうです. こ こ 子 は, 「今 まで なっ 諦める こと が 当たり前 プロ プロ テック 倶楽 部 から 通う 通う で なっ て から に プログラミ プログラミ 的 も 自然 に に プログラミ プログラミ 的 的 自然 に に プログラミ プログラミ 的 的 自然 自然 に プログラミ プログラミ 的 的 思考 で で 考え 的 ようになり、粘り強く考えるようになった』と話してくれました」

「今 ある 仕事 の 半分 は 将来, Ai に 取っ て て 代わ られる と に は ます に 力 を 身 仕事 付け を 時代 力 身 に 付け ほしい です 時代 を て て ほしい です そ そ ため ため に は「考える 力」 「目標 を 達成 達成 する 力」 が 重要 力 を 十分 に 培える の て を たい と で 行っ 」と たい 先生 思い ます」 と 鈴木 先生 は 抱負 を 語っ た 先生 は 抱負 を 語っ た.

(文:熊谷那美 写真:中学受験サポート)

サイエンス倶楽部について、さらに詳しく知りたい方は
こちら

Lascia un commento

Il tuo indirizzo email non sarà pubblicato. I campi obbligatori sono contrassegnati *